NEC 新日本電気 A-7 ブラック ステレオプリメインアンプ

NEC 新日本電気 A-7 ブラック ステレオプリメインアンプ
担当者からのコメント

秋田県在住のお客様より高価買取いたしました。 こちらの商品は、他店より高く買取出来る自信のある商品です。 ぜひ、1度お問い合わせください。

NEC 新日本電気 A-7 ブラック ステレオプリメインアンプの仕様と特長

 

(主な特長)
●A-11の回路技術を継承して開発されたリザーブII電源搭載プリメインアンプ。
シンプルな構成を採用、アクセサリーは必要な機能のみを搭載。
●最終パワー段にはパラレルプッシュプル回路を搭載。
●電源部にはステージ独立4電源部とリザーブII電源を採用。
これはリザーブ電源をさらに発展させたもので、電源出力の位相を90度遅らせてリップルの谷を埋めています。これによりコンデンサインプット型電源でコンデンサ放電時に大出力を得ようとした時に起る電源電圧の低下を防いでいます。
●MCカートリッジに対応する為、ハイゲインイコライザアンプを搭載。
ローノイズ・ハイゲインFETを使用した回路構成となっており、2ポジションで使い分けができるゲイン切替えスイッチによってMMカートリッジにも対応を図ってます。

(主な仕様)
型式 … ハイクオリティインテグレーテッドアンプ
◆パワーアンプ部
回路方式 … 全段ダイレクトDCサーボ回路
実効出力 (両ch駆動、正弦波連続出力、20Hz~20kHz) … 100W+100W(4Ω) 50W+50W(8Ω)
全高調波歪率 (実効出力時) … 0.006%以下
混変調歪率 (実効出力時) … 0.006%以下
周波数特性 … 5Hz~300kHz

◆プリアンプ部
回路方式 … High Gm FETダイレクト入力EQ回路
入力感度/インピーダンス … Phono MM:2.5mV/47kΩ Phono MC:250μV/100Ω CD, Tuner, AUX, Tape1,2:150mV/47kΩ
出力レベル/インピーダンス … Rec出力:140mV/2.2kΩ
SN比 … Phono MM:90dB(-142dBV) Phono MC:73dB/250μV(-145dBV) CD, Tuner, AUX, Tape1,2:110dB(-126dBV)
RIAA偏差 … 10Hz~100kHz ±0.2dB以内
Phono最大許容入力 … MM:150mV
ミューティング … -20dB
サブソニックフィルター … 15Hz (-3dB, 6dB/oct、フォノイコライザ組込み)
入出力位相 … 同相

◆総合
電源回路方式 … シャント電源方式+リザーブ電源
消費電力 … 190W
外形寸法 … 幅430×高さ150×奥行380mm
重量 … 13kg

■上記、WEB参照。その他 製品仕様詳細につきましては、メーカーに直接お問合せ下さいませ

買取価格を調べる

他店より高く買取できる自信のある商品一覧

効果買取には理由があります。

リビニー買取センターでは、できる限りお客様から高価買取が行えるよう、
様々な販売網を駆使しております。

『インターネットオークション』『業者への直接販売』『中古市場』

インターネットオークション

個人でインターネットオークション出品を行う際は、様々な手続きに加え「評価」についての制約が入ります。当店の評価は既に『3500』を超えており、落札されるお客様も安心して入札をいただいております。
故に個人出品よりも高額での販売が可能となり、そういったメリットを生かして高価買取につなげています。

業者への直接販売

店舗を運営しているリサイクルショップの場合、商品の品揃えを行うことがとても大切な仕事になります。しかしながらリサイクルショップの場合、商品が欠品していても店舗が欲しい商品をお客様が売ってくれるとは限りません。そこで業者間で欠品情報を共有し、インターネットオークションより高額で商品を引き取ってくれる業者があれば、そちらに商品を卸しています。故にインターネットオークション価格よりも高額な買取が可能となります。

中古市場

鮮魚や生鮮にも市場がございますように、中古品にも市場があります。業者間で中古品の売買を行うのですが、商品によってはインターネットオークションや業者への直接販売よりも高額で取引される場合がございます。こういった商品は当然インターネットオークションや業者販売価格よりも高額な買取が可能となります。

これらのチャネルを駆使し、一番高く売れる販路をもとに査定を行っております。
そのため、高額商品であれば新品・中古品に限らず、
多種多様な商品を高価買取することが可能
です。
WEBサイトに載っている商品以外にもぜひご相談ください。







一覧に戻る
このページの先頭へ