SONY ソニー TC-3000SD カセットデンスケ3000

SONY ソニー TC-3000SD カセットデンスケ3000
担当者からのコメント

千葉県在住のお客様より高価買取いたしました。 こちらの商品は、他店より高く買取出来る自信のある商品です。 ぜひ、1度お問い合わせください。

SONY ソニー TC-3000SD カセットデンスケ3000 の仕様と特長

 

在住のお客様より高価買取いたしました。
こちらの商品は、他店より高く買取出来る自信のある商品です。
ぜひ、1度お問い合わせください。


(主な特長)
●FG付き周波数サーボモーターを採用したカセットデンスケ3000。
●モーターにはFG付き周波数サーボモーターを採用。
これはモーター軸に直結したFG(周波数発電機)が回転数に比例した周波数を発生させ、その変化を読み取ってサーボコントロールする方式で、経年変化や電圧変動に影響されない周波数分を利用する為、安定したテープ走行を実現。
●ヘッドにはF&Fヘッドを採用、再生アンプを直結したダイレクトカップリング方式によって諸特性を改善しています。
●バイアス3段とイコライザー3段のテープセレクターを搭載。
●高域のノイズを抑え、ダイナミックレンジを改善するドルビーNRシステムを搭載。
●AC電源、乾電池、カーバッテリー、充電式電池に対応した4電源方式を採用。
●大型VUメーターを搭載。
パルシブな音に対応する為、LEDによるピークレベルインジケーターを搭載。
●マイクアンプが過大入力で歪むのを防ぐマイクアッテネーターを搭載。
●過大入力の場合だけ自然にレベルを抑えるソニーリミッタースイッチを搭載。
●高リニアリティを得る為、DC-DCコンバーターと電圧変動を抑える安定化電源回路を搭載。
●出力700mWのモニタースピーカーを内蔵。
●約10秒間点灯するメモリーライトを搭載。
●オートシャットオフメカニズムを搭載。

(主な仕様)
型式 … ポータブルカセットコーダー
ヘッド … 消去:1 録再:1
モーター … FG付き周波数サーボモーター
SN比 … 59dB (ドルビーoff、ピークレベル、デュアドカセット)
周波数特性 … 20Hz~16kHz (デュアドカセット)
ワウ・フラッター … 0.08%wrms
歪率 … 1.3% (デュアドカセット)
モニター出力 … 700mW (EIAJ)
電源 … AC100V 乾電池6V (単1×4) カーバッテリー (別売DCC-130使用) 充電式電池 (別売BP-8H使用)
電池寿命 … 約10時間 (エバレディアルカリAM-1) 約4時間30分 (ソニースーパーSUM-1S)
消費電力 … 10W (AC時)
外形寸法 … 幅350×高さ100×奥行240mm
重量 … 4.6kg (乾電池含)

■上記、WEB参照。 その他 製品仕様詳細につきましては、メーカーに直接お問合せ下さいませ。

 

買取価格を調べる

他店より高く買取できる自信のある商品一覧

効果買取には理由があります。

リビニー買取センターでは、できる限りお客様から高価買取が行えるよう、
様々な販売網を駆使しております。

『インターネットオークション』『業者への直接販売』『中古市場』

インターネットオークション

個人でインターネットオークション出品を行う際は、様々な手続きに加え「評価」についての制約が入ります。当店の評価は既に『3500』を超えており、落札されるお客様も安心して入札をいただいております。
故に個人出品よりも高額での販売が可能となり、そういったメリットを生かして高価買取につなげています。

業者への直接販売

店舗を運営しているリサイクルショップの場合、商品の品揃えを行うことがとても大切な仕事になります。しかしながらリサイクルショップの場合、商品が欠品していても店舗が欲しい商品をお客様が売ってくれるとは限りません。そこで業者間で欠品情報を共有し、インターネットオークションより高額で商品を引き取ってくれる業者があれば、そちらに商品を卸しています。故にインターネットオークション価格よりも高額な買取が可能となります。

中古市場

鮮魚や生鮮にも市場がございますように、中古品にも市場があります。業者間で中古品の売買を行うのですが、商品によってはインターネットオークションや業者への直接販売よりも高額で取引される場合がございます。こういった商品は当然インターネットオークションや業者販売価格よりも高額な買取が可能となります。

これらのチャネルを駆使し、一番高く売れる販路をもとに査定を行っております。
そのため、高額商品であれば新品・中古品に限らず、
多種多様な商品を高価買取することが可能
です。
WEBサイトに載っている商品以外にもぜひご相談ください。







一覧に戻る
このページの先頭へ