U-SHIN SHOWA ユーシン・ショウワ 後付けリモコン電気錠 Re・bornII(リ・ボーンII/リ・ボーン2) LAタイプ

U-SHIN SHOWA ユーシン・ショウワ 後付けリモコン電気錠 Re・bornII(リ・ボーンII/リ・ボーン2) LAタイプ
担当者からのコメント

千葉県在住のお客様より買取いたしました。

U-SHIN SHOWA ユーシン・ショウワ 後付けリモコン電気錠 Re・bornII(リ・ボーンII/リ・ボーン2) LAタイプ の仕様と特長

 

(1ドア2ロックにも対応!安心・簡単・便利をお約束)

今、お使いのドアのサムターンを交換する事により、リモコン電気錠に「ピタッ」と変身します(リ・ボーンIIを取り付ける際は、既存のサムターンは外して下さい)

取付けは簡単、プラスドライバーだけでOKです。面倒な電気配線工事や切欠穴加工等の扉への追加工は一切ありません。
付属のアタッチメントによる取付けで、様々な扉にジャストフィットします。
サムターン回し防止のサムターンキャップを標準装備している為、犯罪にも対しても効果があります。

リ・ボーンIIを2台購入の場合、1つのリモコンで1ドア2ロックが対応可能になり、ますます便利になりました(ただし、その際にリ・ボーンIIの動きにズレが生じる事があります)

電源は、本体(電気錠)側:アルカリ単3電池×4使用、送信機(リモコンキー)側:CR2032×1、です。
電池寿命の目安は、本体(電気錠)側:約1年、送信機(リモコンキー)側:約2年です。 本体(電気錠)側には、電池切れお知らせモードがついています。

送信機(リモコンキー)は 標準で2個付属しますが、オプションでさらに追加も出来ます。リモコンキーを追加する場合は、1台のリ・ボーンIIに最大8個まで登録・使用する事が可能。

●メリット1(安心)
自動施錠機能付きなので、急なお出かけの時でも、鍵の閉め忘れがありません。自動施錠完了を本体のブザー音で確認できて安心です(ブザー音ON時)。付属のキャップでサムターン回しも防止できます。
●メリット2(カンタン)
後付けで、戸建てやマンション等、様々な扉へ取付ける事が可能。面倒な電気工事やドア加工も一切不要。プラスドライバー1本で簡単に取付けできます。従来品よりも体積比が約35%縮小し、スマートになりました。
●メリット3(便利)
1つのリモコンで、1ドア2ロックの動作が可能。別売りのリモコンキーを追加すれば、最大8個まで登録・使用が可能。本体は乾電池使用なので電源が不要です。従来品より、開閉スピードが30%UPしました。

[LAタイプ]
対象錠前は、美和ロック社(MIWA)のLA/LAF(レバーハンドル錠)・MA(ケースロック)・DA/DAF(本締錠)です。
錠前の形式はフロントプレートの刻印から確認する事もできます。

★上記、メーカーホームページ参照。詳しい製品仕様においては、メーカーにお問合せ下さいませ★

買取価格を調べる

他店より高く買取できる自信のある商品一覧

効果買取には理由があります。

アイリス買取センターでは、できる限りお客様から高価買取が行えるよう、
様々な販売網を駆使しております。

『インターネットオークション』『業者への直接販売』『中古市場』

インターネットオークション

個人でインターネットオークション出品を行う際は、様々な手続きに加え「評価」についての制約が入ります。当店の評価は既に『3500』を超えており、落札されるお客様も安心して入札をいただいております。
故に個人出品よりも高額での販売が可能となり、そういったメリットを生かして高価買取につなげています。

業者への直接販売

店舗を運営しているリサイクルショップの場合、商品の品揃えを行うことがとても大切な仕事になります。しかしながらリサイクルショップの場合、商品が欠品していても店舗が欲しい商品をお客様が売ってくれるとは限りません。そこで業者間で欠品情報を共有し、インターネットオークションより高額で商品を引き取ってくれる業者があれば、そちらに商品を卸しています。故にインターネットオークション価格よりも高額な買取が可能となります。

中古市場

鮮魚や生鮮にも市場がございますように、中古品にも市場があります。業者間で中古品の売買を行うのですが、商品によってはインターネットオークションや業者への直接販売よりも高額で取引される場合がございます。こういった商品は当然インターネットオークションや業者販売価格よりも高額な買取が可能となります。

これらのチャネルを駆使し、一番高く売れる販路をもとに査定を行っております。
そのため、高額商品であれば新品・中古品に限らず、
多種多様な商品を高価買取することが可能
です。
WEBサイトに載っている商品以外にもぜひご相談ください。







一覧に戻る
このページの先頭へ